ゲームソフト『アーマード・コア』の二次創作物を扱う同人サークル『Handed Down Heroism』のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

突撃インタビュー Vol,1編 クワトロ大尉(偽)氏

こんにちは、宮廷楽人です。

それでは第二回のインタビューを始めたいと思います。
団長に続くのは副代表にして、支援王。魅力的なキャラ生み出し続けるクワトロ大尉(偽)氏です。

タカ坊:(以下、タ
でははじめまーす。
クワトロ大尉(偽):(以下、ク)
いいよー。


 -素敵に自己紹介をお願いします-

ク:
素敵にってw どうも、HDH最年長、アラサーのクワトロ大尉(偽)です。

タ:
わー(パチパチ)。意外と普通な自己紹介だw
ク:
えぇっ!?

タ:
ここら辺で(偽)の由来についてひとつ。
ク:
ああ、それねw
Zガンダムの終盤でクワトロ大尉がシロッコに「ニュータイプの出来そこないが!」みたいなことを言われるんだが、クワトロ大尉みたいな出来る人を目指しているけれども、現状は出来そこないにも更に劣る偽物ってことでw なげえw

タ:
大丈夫だ、問題ない(キリ
シャアじゃダメなん? シャア大佐(偽)とか。
ク:
Zガンダムが好きなのと、大佐はスケールがデカすぎる。俺は大尉くらいで充分w

タ:なるほどw

 -リレー小説に参加したきっかけは?-

ク:
きっかけね。
ちょうど小説を書き始めて、短編を1本書きあげた後、何か本格的に作品を書いてみたいなー、と思っていた時にmixiのトピでリレー小説参加者募集というのを見て、「よし、一つやってみよう」と思った次第。

タ:
ほほー。ちなみにその短編とは?
ク:
黒歴史です。

タ:
なにいいいいい!
ク:
完全オリジナルのロボ物だよ。とてもお見せできません(キリッ

タ:
以前あったACっぽいって言ってたやつか!
ク:
なのかなあ……?一度口車に乗せられて談話室に投下した覚えが……。

タ:
探してみよう……。

 -今回の冊子の担当は?-

ク:
第5話です。

タ:
あとはaptさん(絵師さん)への連絡か。
ク:
あ、それも入るか。

タ:
まとめ役にもなっていたと思う。
ク:
俺はあんまり自覚ないんだがw まあ今は副代表だし、やれるところはやっていこうと思っているけど。

タ:
期待しておりまする!
ク:
頑張りまっす!


 -執筆した作品へのこだわりは?-

ク:
読者に対して、分かりやすさ、読みやすさを重視してます。

タ:
確かに大尉の文章はわかりやすく、読みやすい! 特にキャラが良く動くよね。
ク:
そう言っていただけるとありがたいw


 -他の執筆者の作品を読んだ時の感想は?-

ク:
各執筆者の個性がそれぞれよく出ていて、面白いと思った。
驚きなのは、誰一人として作風が被ってる人間がいないってことだと思う。

タ:
確かに、見事にみんなバラバラだw
ク:
そこは個性と言おうぜw

タ:
個性が強すぎて読者が大変なんじゃないかと今更ながらに思うw
ク:
それは……しゃーない!w

タ:
しゃあないのか!

 -製作などで楽しかったことは?-

ク:
自分たちが作った作品が世に出るというだけでもう楽しかったねw 
あとは、皆のアイデアで世界観がどんどん広がっていくのが楽しい。

タ:
リレー形式の長所だね。
ク:
だな。

タ:
しかし、広がりすぎてまとまらなくなるんじゃないかと心配だ!
ク:
そろそろ自重していかないとな!w

タ:
というか、俺がついていけないw アタフタだぜw
ク:
俺もそろそろ把握できなくなると思うw


 -製作などで苦労したことは?-

ク:
各話での共通事項のすり合わせとか、各執筆者の齟齬の埋め合わせとはか苦労したよね。

タ:
苦労スパイラルだぜ!
ク:
あとは5話の修正。何度修正したことか……。

タ:
あれは見てて大変そうだった……。
ク:
まあ最終的に納得のいくものに仕上がったから結果オーライだがw

タ:
それはなにより。



 -作品内のお気に入りのキャラクターは?-

タ:
複数でも構わなくてよ?
ク:
なぜお嬢様言葉www
んー、そうだなあ。スワローとか好きだね。あの飄々とした感じがw

タ:
あ、わかるそれ。
ドッスン着地を「演技だよ!」とか言っちゃうあたりが好きだ。
ク:
自キャラを上げるのはなんか気が引けるな……。

タ: いや、いいんじゃないか?
ク:
いいのか?w

タ:
だって前例があるしw
ク:
それ団長のこと?

タ:
そそw
ク:
www
まあ自キャラを愛しているのは生みの親として当然だとしても、やっぱりアリスメイファはお気に入りかなw

タ:
このロリコンめ!(BB風
ク:
そこはベア子で頼む!w

タ:
大佐はロリコンだってみんな(ry
ク:
私は大尉ですw

タ:それはそうと、やはりアリスかー。
アリスはわかるとして、メイファはどんなところが? お姉さんなところ?
ク:
ソリッド視点の話を書いてると、ソリッドの性格とアリスのキャラ設定上、どうしても暗くなりがちなんだが、そこに華を添えてくれるのが彼女かな―と。
こう、雰囲気を明るくしてくれるというか。まあ、それが目的で生まれたキャラでもある訳なんだけどw

タ:
三角測量かw 場が明るくなるのは確かだよね。この作品、暗いキャラ多いし。貴重だ!
ク:
シリアスな話の中にも、ほっと一息つけるようなシーンとか俺は欲しいのでw


 -作品内のお気に入りACは?-

ク:
アストラ・カストラ
素敵性能がグンバツすぎるw

タ:
ええー! ブリューナグじゃないの!?
ク:
いや、ブリューナグも好きだけどさ。それじゃ答えがありきたりじゃんw

タ:
そうかw カストラはやはり見た目?
ク:
見た目もそうだけど、俺にはそのアセンの発想は無かったわ的なw

タ:
あの重装備かw
ク:
そそw

ク:
軽量二脚に大グレとレールなんてロマンすぎるw
タ:
ありがとうございますw


 -メンバーとの会議中などで、最も秀逸だと思った名言は何ですか-

ク:
「稀に良くある」
やっぱコレでしょ!!w この二律背反がタマランwww

タ:
たった六文字の中に見事に内包された矛盾。
ク:
しかも万能すぎる性能。イレギュラー……。

タ:
使いやすさも抜群。一応、元ネタはあるらしいね。
ク:
そーなのかー。初耳。

タ:
詳しくはブロントさんの項目を!

 -暴露ネタをひとつ-

タ:
なんかあるかな? ここだけの話的な。
ク:
それはメンバー内?それとも作品内?

タ:
どちらでも良くってよ。
ク:
そうだなー。んー
メイファは実は別の作品に登場させる予定だった、これくらいかなあ。

タ:
ええ!? それは気になる。
ク:
あー、でも名前だけね。
最初にシャン・メイファと名付けたキャラは性格とか容姿も今と違うし。
ソリッドのパートナーを設定する時に、いい名前が浮かばなくて、じゃあ先行してこの名前を使おう、とね。

タ:
ちなみにどんなキャラ?
ク:
えーと。中華系の拳法家で、今よりもうちょっと色気の強いキャラだったね。あんなに明るくなかったし。中身は別物と言っていい。

タ:
それ、姉妹ネタで使おうぜ!
ク:
うえぇ!?


 -今後挑戦したいことは?-

ク:
/前からスカイプ上では何度か言ってるけど、HDHで伝奇のリレーをやってみたい。
個人では長編を一つ書いてみたいね。

タ:
伝奇は確かにやってみたい。長編っていうと、もう構想とかはあるん?
ク:
いや、まだそこまでは至ってないな。
今ある、いくつかのアイデアのうちの一つを長編に昇華できないかなー、とか。まだそこらへんのレベルだね。

タ:
大尉が作る魅力的なキャラがたくさん出る長編を我は希望するッ!
ク:
辛抱強くお待ちくださいwww

タ:
了解っすw

 -どんな女性が好みですか?(RYO氏より)-

タ:
団長よりこのような質問が!
ク:
謀ったな! Ryo!!
やっぱり明るい女性がいいよねw

タ:
具体的にはッ!?
ク:
突っ込んでくるなー!w

タ:
ふひひ。
ク:
価値観が共有できる人がいいね

タ:
趣味が似通ったり?
ク:
そうそう。あとは年下かな?

タ:
な、なんやてー!
タ:
U
(Y) 貴公も甘えられるのが好きか……。
ク:
いや、それもなくはないが。この歳で俺より年上だと……。

タ:
サーセンorz
いや、女性は何歳になっても美しいものだよ!
ク:
お、いいこと言ったw



タ:
それでは、次は柊さんだけども、質問は何にする?
ク:
そうだねえ……。
んー……好きな女性の逆をついて、苦手な女性のタイプにするか?

タ:
おお、いいね。って、また女性関係なのかwww
ク:
特に深い意味は無いんだけどねw

タ:
了解しました。


以上、HDH副代表――クワトロ大尉(偽)氏へのインタビューでした。
次回は多芸かつ圧倒的な筆力で魅せる――柊南天氏を訪ねたいと思います。

変態指数がかなり高めなので、PAをチューンして挑みたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2011/02/13 00:06 ] インタビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。